安城市北部(名鉄新安城駅北側)の歯科医院です。赤ちゃん連れ、子供連れOK!

安城市北部(名鉄新安城駅北側)の歯科です。赤ちゃん・子供連れOK!

HOME >  インフォメーション  > 日々是雑感(院長ブログ)

日々是雑感(院長ブログ)

日々之雑感〈歯科〉その5(患者さんの動向)

問診票質問項目
、 最近ミーティングでブラッシング指導(=口腔衛生指導)の問診票への記入の提案があった。内容としては、ブラッシング指導を(1)希望する(2)説明を聞いてから決める(3)希望しない、である。ためしにやってみたところ、いろいろな反応が出た。説明を―は話をすればやられる方が意外に多い。希望しないでも内容を説明すればやられる方がかなりある。みなさん思いのほかに関心がありそうな様子がうかがえる。わからない方はドンドン聞いてみてください。

インプラント
ここ1年間ぐらいインプラントのオファーがなかったが、1月の間に2件も入ってきた。昨今、インプラントは事故が多いので歯科用CTを撮影した。一人はそのまますんなりと行けたが、もう一人は埋伏歯が見つかった。パノラマ〈折る祖〉では焦点が合わず、ぼけて映らなかったらしい。歯は小さかったが癒着しており、少し腫脹が出たが、小さかったので早めに打ち込む予定である。

その後の様子 患者さんの動向
 最近初めて来院する患者さんに某歯科医院から回ってくる人が多い。話を聞いてみると、無理やり自費を勧められて嫌になって変わる人が多い。このような患者さんは半ば歯科に対して不信の心を持つ人が多いので注意を要する。うちでは保険から自費の方法までやり方、材料を広く紹介することにし、その中から患者三位納得できる治療法を選択させることにしている。よって、その日に治療方針が決まらず、日数がかかることもあるが、患者さんが満足する治療方法を取ろうとするならやむを得ないと考える。
診断はほぼ一つですが、治療方法、特に材料はいろいろあります。ご相談ください。

事業所健診
 13日にデンソー安城製作所に健診に行ってきた。総勢400名。それをDr4名で健診した。
この事業の楽しみは窮余もさることながらいろいろな人に会えることである。まずは歯科衛生士。
前に在宅診療でお世話になった衛生士に会った。そういえばそうだ。衛生視界に入っていなければこの場に出ることがないのだ。また機会があったらよろしくお願いします。
 もう一つは学生、衛生士のたまごがいることである。彼らはDrの補助(書き手)であり、誘導係であった。
裏心として求人活動でもある。場所のせいもあるが、なぜか豊田市の南部が多かった。知立市の人もいた。
話を聞くとフィールドワークで4回やらねばいけないそうな。今年度はここがはじめなので皆1回目。
よく頑張ってくれた。ありがとう。

臨月での診療
 とある電話「歯が痛いんですが」「どこですか」左の上の親知らずです。妊娠箇月ですが見ていただけますか」 痛いじゃしょうがない。本人のためにも診ざるを得ない。果たして本人来院。出産予定日は5月10日。
日にちがない!やむを得ずレントゲン写真をとって見ると親知らずが前の葉を押しているようである。
抜歯は到底無理なので、投薬が欲しい。そのために産婦人科へ問い合わせることに。
 実は問い合わせをしても返事が返ってくるのに2,3日かかると考え、次の予約を午後にとった。
ただし本人は困ったらしい。希望が午前中になっていた。少し無理をして午後の予約を取って返した。
そうしたら30分も経たないうちに患者さんから電話。電話。「産婦人科の先生が使っていいと言われました」 「じゃあすぐいらしてください」。ということで午前中ギリギリに再度来院。すぐに投薬をしてその日はおしまい。
予約は取り直して2日後の午前中に変えた。
 その時の様子、痛みは少しおさまったそうな。よかったー。しかし抜歯は出産後、授乳が終わってからだろうなあ。

今年度4月からの妊産婦健診について
 4月より妊産婦歯科健診が診療所で行えるようになりました。
 用紙と歯ブラシをご持参ください。

2/5 休日診療当番で身内を診る
 12月31日に引き続きこうも休日診療当番。
 朝8:30に家をでて保健センター=休日診療所に行ってみると、なんと既に車30台駐車。
さぞかししか運んでいると思ったら、なんと全て医科の方だそうな。そういえばインフルエンザが流行っているそうで、安城市内の学校も学級閉鎖が出ているそうな。これは出校日が減るのではなく春休みが減るので、注意。
 そこで歯科はと言ったら、実は午前中はなし。まあ、待機しているだけ意味があるかと。
暇な時間はうちから用意したノートパソコンを使ってCDを聴いたり、置のスコアを眺めてみたり・・・。
飽きたらパソコンゲームや携帯ゲーム。ズート診療室にいたから歯科衛生士は鬱陶しかっただろうなあ。
まあ、バイオリンを持って練習しておればよかったかなあ。
 午後もずっとなし。ところが3時ごろ「患者さん1人です」。問診票を見たら、なんとうちの家内方の甥。
昨晩痛くて朝の5時に目が覚めたそうな。X線写真を撮ってみると詰め物の中がスカスカ。ああ、多分
2次う蝕か詰め物の刺激かと判断し、後でウチに来るよう指示。実はこの患者が、後にも先にも一人。
こんなことは今までなかった。大抵は4名は来ていたのだから。これから休日w診療は楽器を持っていこうかしら。
 さて歯が痛くなった甥、休日診療が終わってからうちで治療。削ってみたら、なんと神経が壊死している。
通法通り神経を取り掃除して薬をつけて様子を見る。
 まあ、こんなこともあるもんだ。


1・12 新年からの診療
 少し変則的で予約に偏りがあり、実は今日ははじめは1人歯科予約が入っていなかった。
それが今日になると午前中は急患、予約詰めで時間オーバーした。
午後は時間が空いたが、カルテ整理。しかし明日から日目休みのいつもの時間に戻る。
チョット患者さんが増えたかな。

12/25 歯科用CT研修会
 業者の勧めで歯科用CT研修会に18日と23日の2回行った。
 18日は佐藤先生という東北でご開業年目ぐらいの先生の講演だった。内容としてはCTがいかにモチベーションの道具としておおきいのかとういうことであった。たしかに今までのパノラマオルソなどと比べてリアルであリ、それだけにインパクトも強い。また上顎の骨の残存状況もわかりやすく、インプラントがう打ちやすい。
 ただ気を付けなければいけないのは全てでないこと。ダメなものはやっぱりダメであり、無理をすると事故を起こすことがある。NHKのニュースにあったが、年間2000件の医療事故のうち、インプラントに関係するものが400件近くあるそうな。
 ウチではないので、必要があれば依頼することになりそうだ。たいていは自費であろう。

11/10 イレギュラーな診療
 その1 昨日終わりがけにかかりつけの患者さんから電話。「先生、舌が痛くて食事ができない」そりゃ大変だ、すぐいらっしゃい。
 この患者さん、名古屋へ行っておられて、帰りは夜9時になるという。しかし食事が出来ないのは何とも仕様がないので診ることに。実際にお口の中を見ると葉の内面に骨がとんがっている。これは前回技師の方を取ったときに露出したものらしい。次の日は休みだったが、患者さんの苦しみを見ると放っておけないので骨を削ることに。治療したあとは「感覚が少し変わった」
 次の日は休診日だったが、傷になっているので同じ夜9時に呼んで様子を見たところ、気にならなくなったという。
あとは骨が当たった跡の舌の潰瘍だけである。これは自然治癒する場合がほとんどなので、投薬の追加と戦場でおしまい。義歯の型取りをしているが、どうしようかと迷うところ。
その2 先程の患者さんが終わって休んでいたところ、電話で歯が痛いとの一報。あすは休みなので診ることに。電話の声は女性だが、痛いのはお相手の方。できれば本人の電話が欲しいところだが、様子はおおよそわかるので、そのまま聞いた。さて患者さんに痛い場所を聞くと虫歯でないところを指す。 その億の親知らずが水平で半分顔を出している。患者さんにこの親知らずが原因と説明、投薬。 すぐ抜くと晴れが大きくなるからである。都合により抜歯は来週に。未だ連絡がないところを見ると薬が効いたかな。
その3 診療をやっていたら患者さんのご主人さんが「うちのカアチャンが入院して来れない。歯無しで食事がお粥なので、なんとかして」とのこと。この奥さんは歯周病がひどく、前に診たときから大きな変化があった。
上の歯は到底耐えられないと判断し、すぐ仮の義歯を作るつもりで抜歯した。そしてすぐに仮義歯の型取りをし、次回に入れようかという矢先だったのである。
 しょうがないので往診のつもりで道具を揃え、病院まで走った。(40分かかった)
そして入れようと思ったところ、下の義歯がない。今回入れようと思ったのは上の義歯である。
義歯は上下で一組なので片方がなければひっくり返って使えない。私の時間が取れないので、次回は11月20日に予約を取って帰ってきた。
 この間16時に出て18時に家に帰った。ああ、疲れた。

8・28 歯科衛生士の有給休暇
 この日は岐阜の3000人の第九の日。本番が終わったあと都ホテルでレセプションがあり、その帰り、長良川で花火が上がった。その時、明らかに合唱団と思われる女性2人組と一緒になった。
ひとりは長良に住んでいるという。もう一人は垂井から来たという。本題はこの垂井から来たという女性である。
帰りに駅まで行くというので一緒にバスに乗った。その時に話してみると、なんと元歯科衛生士だという。
現在は別の仕事をしているという。なんで!資格を生かさないのはもったいない!で、やめた理由が「有給休暇がない」。ナルホド、だいたい歯科医院は小規模事業所が多いので、大抵歯科衛生士はひとり、またはいないことが多い。そういうところの歯科衛生士はなかなか有給休暇が取りにくい。自分が休むと業務が停滞してしまうのだ。この場合は有給休暇が取れない。
大抵3年で辞めてしまうそうな。うちではそれでは大変なので、有給休暇は欲しいときに与えていたけれど・・・。
前に衛生士がひとりの時でも遠慮はあったようだが、有給休暇は与えていた。現在は2名の衛生士がいるので、欲しいときに有給休暇を与えている。従業員は宝だと思って働いてもらっています。

6/26 自動車業界の休日変更
 震災の影響で自動車業界の休日が変更になった。これが診療にどう響くか?
既に今度の金曜日(7月1日)の午前中はかなり人が多い。これが土曜日にどう響くかは気になるところ。今のところは土曜日の午後はすいている。
 歯が気になる方はお早めにご予約を。

3/5 夜中の急患
 いつも土曜日の夕方は外出している。今日もいつものように外出していたが、そこの家からの電話。「歯が欠けてカッコ悪くて明日の結婚式に出にくい」実は明日は岐響の本番。朝7時30分に出なければいけない。
まあ、患者さん優先という立場から夜中に診ることに。
 かくして患者さんが現れた。自宅は碧南中央駅の近くという。
車でで4,50分ぐらいかなあ。遠い!よく頑張って来られた!
早速見ることに。右上の前歯の詰め物が取れて形が悪い。歯肉もプクプクに腫れている。
歯科の通院経験を訪ねると、2年前に行ったきり。むし歯もさることながら、歯周病をなんとかしないと…。
でも通院時間が取れないとのこと。できたら曜日を決めるなどして何とか通ってもらうように勧めた。
さて肝心要の主訴であるが、プラスチックの詰め物が取れ、欠けている。
その場所はXせん写真などで神経除去済み確認。そして元通り詰めておしまい。
住んでいるところでいつも通うところがあるとのことで定期的に通うよう勧めておしまい。
やはり定期的にきっちりと通ってお口の管理をしっかりしてもらうのがいいです!

3/1 久々の歯科衛生士2名体制
 本日より新人歯科衛生士が入社しました。前から在籍している歯科衛生士と同級です。
在宅口腔ケアの経験があります。どうぞよろしくお願いいたします。