安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

⭐️必見!!! むし歯予防は歯みがきだけでない!!!

2020.12.24

『歯みがきしてるのに、なんでむし歯できるの?』

『むし歯できるのは、歯みがきのやり方が悪いの?』

(✳︎2020年12月24日更新)

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

歯みがき頑張ってるのに、毎回歯科医院でむし歯を指摘される!!なんて事ありませんか?

実は、歯みがきだけでは、むし歯のリスクは完全に下げられません。

今回は、むし歯予防についてお話します!

 

むし歯のなりやすさは、3つの要素があります。

①細菌

②歯の硬さ(歯質)

③糖を摂取してるか

①は、いわゆる歯みがきをするかどうかです!

むし歯菌が周りにいると、当然なりやすくなります。

次に②で、歯の硬さです。

歯の硬さは、柔らかい人もいれば、すごく硬い人もいます。

歯が柔らかければ、むし歯菌も歯を溶かしやすく、むし歯になりやすくなります。

最後に③ですが、菌のエサとなるが、周りにあるかどうかも重要になります。

いくら歯みがきを頑張っていても、糖が周りにあると、むし歯菌はすぐ元気になってきます。

 

•歯みがき以外のむし歯の対策

①歯を硬くしてみる

歯を硬くする成分、それはフッ化物です。

歯みがき粉や、フッ化物ジェルに含まれています。

また最近の研究にて、うがい薬のフッ化物洗口が最も効果的だと、報告されています。

もし、歯みがきが不十分だな〜めんどくさいな〜と思う方は『フッ化物洗口』を試してみるといいかもしれません。

②キシリトールをとってみる

むし歯菌は、キシリトールを取り込むと、酸を産生できなくなります。

甘い物が好きな方は、糖分の代わりに是非キシリトールを試してみてください。

 

いかがでしょうか?

むし歯予防は、歯みがきだけでは出来ません。

歯質を強くしたり、糖を摂らないようにするのも大切です。

毎日の歯みがきが、めんどくさいと思う方も多いかと思います。

フッ化物洗口キシリトールを効果的に使って、むし歯予防してみてはいかがでしょうか?