安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

抜歯のあとは何を注意をしなければいけないの?

2021.01.28

(2021年1月28日)

こんにちは。安城市の神谷歯科医院院長の神谷繁彦です。

ここのところ新型コロナ感染症の話をしてきたので今日は少し視点を変えて抜歯の話をしたいと思います。

 

私は歯科治療ではできるだけ歯を抜かないように心がけております。またそのような状態にしないように注意しております。

しかし、条件が悪くてやむを得ず抜歯せざるを得ない症例も多々あります。

今回はそのあとのことをお話したいと思います。

 

抜歯となると、どうしても口の中に傷(歯を抜いた跡)ができ、多少なりとも術後の出血などがあります。

できるだけ傷口を早く治したいのですが、そのために以下のことをお願いしております。

 

止血のガーゼは30分は噛んだままにする。

 炎症があると出血が多くなります。しかし出る血液が出てしまうと出血は少なくなります。

たいていは約30分で止血します。

 

強く口をゆすがない。

 抜歯したところの傷は実は血液が固まってかさぶたとなり、出血を止めてくれます。

ところが強く口をゆすぐとこのかさぶたが動いたり、時に流れて取れてしまったりして、

再度出血が起きることがあります。

そうすると傷口の直りが延びます。

 

抜いた後の傷口は触らない。

前述と同じ理由で出血しやすくなり、傷口の治りが悪くなります。

 

その場所の歯みがきは避け、うがい薬で軽くゆすぐ。

同じ理由でできるだけ触らないでください。

かさぶたが取れない程度でうがい薬(イソジンガーグルなど)でゆすぐのは傷口の周りが清潔になり、感染予防になります。

歯みがきの代わりと思ってください。

 

入浴は避ける。

飲酒をしない。

全身を温めたり飲酒をしたりすると、血管が開き、出血しやすくなって治りが遅くなります。

汗などを書いてどうしても体を洗いたいときはシャワーにしましょう。

 

化膿止め(抗生剤、抗菌剤)は決められたとおりに飲み切る。

抜歯後4日ぐらいは放置すると症状が出ることがよくあります。

またその時に薬を飲まないと後でじくじく痛くなってくることがあり、治りが悪くなってしまいます。

逆にだらだらと抗生剤を飲み続けると、耐性菌を作ることがあります。

 

激しい運動は避ける。

軽い運動はやむをえないですが、汗をかくような激しい運動は血液に循環が良くなって出血しやすくなり、傷口の治りが悪くなりがちです。

 

いかがでしょうか。

歯を抜いてから1週間で傷口などがかなり落ち着いてきます。

それまで無理な生活を避けていただければと思います。