安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

必見!!! フッ素は気休めじゃない?

2021.03.10

『歯医者にフッ素塗ってるけど、何で効果あるの?』

『結局フッ素って、気休めじゃないの?』

(2021年3月9日更新)

こんにちは。 安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

よく歯医者で、フッ素(フッ化物)塗布を勧められますよね?

なぜフッ素(フッ化物)塗布が重要か、ご存知ですか?  

本日は、フッ素(フッ化物)の歯の応用についてお話しします。

 

フッ素とは?

フッ素は、清涼飲料水やお茶など、日常の食品にも含まれている物質です。

米国歯科医師会では12歳以上では1日10mgが摂取の限度とされています。

フッ素はフッ酸などでは劇物ですが、

大量に摂取せず、かなり薄めれば、安全に使える成分になります。(約1ppmぐらい)

 

フッ素(フッ化物)の3大効果

フッ化物の効果は主に3つあります。

①歯の再生の促進

フッ素には、歯を修復する作用があります。

歯は、食べ物や飲み物によって、少しずつ表面が溶かされていきます。

歯には、唾液によってその溶かされた表面を修復する『再石灰化』という作用が働いています。

フッ素はこの『再石灰化』を促し、歯の修復を助ける作用があります。

 

②歯を強化する

フッ素が歯の表面につくと、歯の表面のカルシウムと反応し、歯の強さが格段に増していきます。

フッ素と反応しない普通の歯は、食べ物が口の中に入ると、少しずつ溶けていきます。

しかし、フッ素で反応した歯の表面は、食べ物などが入っても、簡単に溶けだす事はありません。

歯の表面がフッ化物でコーティングされると、むし歯にもなりにくくなります。

 

③むし歯菌を弱める

フッ化物が口の中にあると、むし歯菌を抑制する作用があると言われています。

むし歯菌が歯を溶かす『酸』を作る過程を邪魔してくれます!

フッ化物が口の中にあると、むし歯菌も動きづらくなります。

 

フッ化物の使用法

フッ化物の使用法は現在、以下の4つです。

①歯科医院でフッ化物を塗ってもらう

ほとんどの歯科医院では、子供に対してフッ化物を塗っていると思います。

歯科医院で塗るフッ化物は、かなりの高濃度で、歯磨剤などに入っている濃度の5倍〜10倍ほどの濃度で使用しています。

 

②フッ素入りの歯磨き粉を使う

歯磨き粉には、今やほとんどフッ化物が配合されています。

出来るだけ、フッ素の濃度が高いものを選ぶ方が良いかと思います。

また、歯磨き後のゆすぎかたも大切です。

大量の水でゆすいでしまうと、有効成分が全て流れてしまいます。

出来るだけ少ない量で、ゆすぐようにしましょう!!

 

③フッ素入りのジェルを塗る

歯磨きが、なかなか上手くできない子のために、フッ化物入りのジェルが販売されています。

小さなお子さんは、歯磨きはうまくできません。

そんなお子さんの場合は、寝る前にフッ化物ジェルを塗るようにしましょう!

 

④フッ化物洗口

近年、フッ素で1番効果的な使用法は、フッ化物洗口とも言われています。

安城市の場合、子供のフッ化物洗口は小学校などで行っています。

ある研究データによると、寝る前にいろんな方法でフッ素を使ってみたところ、1番フッ素が残っているのがフッ素洗口だと報告されています。

ご自身のお子さんを、むし歯から守りたいのであれば、フッ素洗口を実施しましょう。

 

いかがでしょうか?

フッ素は、むし歯から守ってくれる、かなり有効な手段です。

お子さんが、歯磨きをあまりしてくれないのであれば、フッ化物をしっかり使う事をオススメします!!!

フッ化物は、ジェルや洗口液など、簡単に使えるものもよくあります。

是非今日から、ご自身のお子さんに実践してみましょう!