安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

マウスピース矯正って実際どうなの?⭐️

2021.04.03

『マウスピース矯正したいけど、本当に治るか心配!』

『〇〇ラインとか聞くけど、実際どうなの?』

 

こんにちは。 安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

最近〇〇ラインなどと言った、マウスピース矯正をよく聞くようになりました。

目立たないなら、自分もやりたい!なんて思う方も多いかと思います。

本日は、マウスピース矯正の実際について、お話します。

 

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは、最新の矯正治療だといえます。

従来の矯正は、ワイヤーを使った矯正が主流でした。

しかし、口の中にワイヤーがあると、歯グキや唇にささり、痛いのを我慢しなければ、行う事はできませんでした。

そのため、もっと簡単な方法は無いかと、様々な研究される様になりました。

そこで登場したのが、マウスピース矯正です。

 

マウスピース矯正のやり方

マウスピース矯正のやり方は簡単です。

コンピュータ上で、歯が少しずつ動く様に、マウスピースを設計していきます。

そして、患者本人はそのマウスピースを1つずつ変えていくだけでOKです。

この方法だと、ワイヤーなどの装置をつけなくて済み、無駄に痛いのを我慢しなくて良くなります。

また、マウスピースは他人からは分からないので、目立ちにくいという特徴もあります。

 

マウスピース矯正のメリット

①目立ちにくい

②簡単に付け外しが可能

③痛みが少ない

④来院回数が少なくて済む

マウスピース矯正は、従来の矯正に比べて、無駄な処置が少ないため、患者負担が少ないというメリットが大きいと思います。

 

マウスピース矯正のデメリット

①抜歯を必要とする矯正は苦手

マウスピース矯正の最大のデメリットは、歯を抜かなければならない様な矯正には、向いていない事です。

マウスピース矯正は、歯を押しながら移動させていきます。

そのため、動かす量が多いと、歯が横に倒れて、キレイには治らない場合もあります。

②長時間つけてないと効果なし

マウスピース矯正は、マウスピースを付けてないと、効果は出てきません。

そのため、マウスピースをつけ忘れると、当然動きません。

マメな方でないと、忘れてしまうかもしれません。

③やり直しがしにくい

マウスピースを壊したり、付けなくてはめられなかった場合、多くの場合は作り直しが必要です。

作り直しになった場合、技工料がまた最初とら同じくらいかかります。

そのため、作り直しの場合、また1から負担料金が発生する場合もあります。

100点の矯正は目指しにくい

現在の技術では、マウスピース矯正では、ワイヤー矯正の完成度を超える事は、難しいとされています。

しかし、さらに研究が進めば、将来はどうなるか分かりません。

 

いかがでしょうか?

マウスピース矯正は、新たな矯正の選択肢かと思います。

矯正したいけど、見た目が嫌な方などは、試してみると良いかもしれません。

ヨーロッパやアメリカなどでは、歯並びが良い事が当たり前にらなっています。

自分の歯を長持ちさせるために、キレイにされてはいかがでしょうか?