安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

妊娠したら歯ぐきから出血している!

2021.04.11

こんにちは。安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

最近、妊娠されておられる方の患者さんが目立ってきました。

お口に中を見ると、歯肉が腫れておられる方が多く見受けられます。

歯肉炎というもので、やはり一般の方より目立ちます。

 

歯肉炎は、文字通り「歯肉(歯ぐき)が炎症を起こしている状態」です。

主な症状は以下の通りです。

① 色が赤くなっている

② ぶよぶよと腫れている

③ 歯と歯の間にある歯ぐきが、丸く厚みを持ってふくらんでいる

④ 歯をみがいた時などに出血しやすい

 

いろいろ原因があります

まずは女性ホルモンとの関係があります

妊娠中は、血液中には「エストロゲン」、「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが一般の女性より多く存在しています。

これらのホルモンを、歯周病菌の一部が栄養源にしていることから、菌が増殖して口の中で活発に活動します。

そのため妊婦さんは、歯周病の初期症状である「歯肉炎」になりやすい要素があるのです。

これを妊娠性歯肉炎と我々は呼んでいます。

この2つの女性ホルモンは妊娠中だけでなく、排卵と生理のサイクルにも影響しているため、

女性はもともと歯肉炎になりやすいといわれています。

もともと歯肉炎だった人が、妊娠してさらに悪化してしまうケースも珍しくありません。

 

次に言われるのが妊婦さんは唾液の出る量が少ないことです。

このために歯肉炎になりやすいのです。

 

もう一つ、よく言われるのがつわりとの関係です。

お口の中をきれいにするには当然歯磨き(ブラッシング)を行うことです。

ところがつわりのある方はお口に歯ブラシを入れると気持ちが悪くなってしまう人があり、

場合によっては全くブラッシングのできない人があります。

 

 

妊娠性は肉炎は、部分的に腫れやすいこと特徴としてあります。だいたい上の前歯の歯ぐきが多いのが特徴ですが、

私たちが日々見ていると、奥歯ののほうにも腫れが出ている患者さんもいます。

また妊娠期間中に急速に症状が進みやすいのも大きな特徴です。

 

いかがでしょうか。

妊娠中の方で歯ぐきの腫れがある時や、なんだか血の味がするなあと感じた時は、ぜひ歯科医院を受診してください。

安城市では妊産婦検診が無料で受けられます。これもぜひご利用ください。