安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

昔つめたところが変色! これってむし歯?

2021.01.05

『昔詰めた所が黒くなった』

『詰めた所が、黄色に変色してきた』

 

(2021年1月5日更新)

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

昔つめた所が色が変わってきた、なんて経験はありませんか?

黒くなってくると、むし歯じゃないか心配ですよね。

 

今回は、つめ物の変色についてお話します。

 

プラスチックのつめ物とは?

光を当てて固まるつめ物をした経験はありませんか?

これはコンポジットレジンと言って、プラスチックを光で当てて、削った所をつめています。

型をとる必要がなく、自由に形作れるため、1日で治すことができます。

 

割れやすい、すり減りしやすい、変色しやすい

プラスチックの材料なので、汚れが付着しやすく、セラミック治療に比べて変色しやすい点も特徴です。

また、大きな穴につめると、強度が弱く、すり減りしやすいため、割れたりへこんだりするリスクがあります。

その上、色素を吸うなどで長期間で変色しやすいのです。

 

黒くなってきたらむし歯なの?

プラスチックが変色してくると、歯とつめ物の境が黒ずんでくることがあります。

これは、つめた境目が隙間になり、着色するために起こります。

穴になって中にむし歯がなければ、無理にやりかえる必要はありません。

変色だけなら、磨けばキレイになる場合も多数あります。

『見た目が気になる』『最近しみるようになった』など、気になれば歯医者で相談してみましょう。

 

いかがでしょうか。

プラスチックのつめ物は、通常では保険が効き、治療したその日に治る良い方法です。

つめた所の変色が気になる方は、つめ替えや磨くことでキレイにすることもできます。

一度歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか?