安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

顎がガクッと鳴る? これって病気?

2021.01.07

(2020年1月7日更新)

 

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

ご飯を食べた後や、朝起きたときなど、アゴがガクッと鳴ることはありませんか?

放置していると、アゴが開かなくなるかもしれません。

 

今回は、アゴが痛くなる病気『顎関節症』についてお話します。

 

アゴが鳴るのはなぜ?

アゴの関節には、体の関節のように、クッションとなる軟骨が存在します。

そのクッションが、口を開けるときに少しずれて、アゴの関節が外れて口が大きく開きます。

そして口を閉じるときにクッションが元に戻り、その時に『カクッ』と音が出ることがあります。

アゴが鳴らない方がいいのですが、日常生活で支障がなければ特に問題はありません。

ただ、これを治すのは難しさがあります。

 

口が開けられなくなる?

『カクッ』とアゴが鳴らず、クッションがうまく元に戻らないと、口が開けにくくなります。

また、無理にアゴを開けようとすると、アゴに負担がかかり、痛みが出るようになります。

長期間放置すると、アゴがうまく動かなくなる可能性があります。

痛みが出た場合は、歯科医院を受診する様にしましょう。

 

アゴに負担をかけない様にする

アゴがが鳴ったり痛みが出る原因は、アゴへの負担過重が主な原因です。

また普段からの噛み締めや頬杖をついたりするなどで負担大きくなり、クッションがずれやすくなります。

その他精神的なストレスがたまったり、体の釣り合いがずれることでも起きることがあります。

下アゴに負担をかけることは避けましょう!

 

いかがでしょうか?

顎関節症は、悪化すると口が開かなくなり、物が食べられなくなります。

アゴに痛みや違和感を感じている方は、早めに歯科医院の受診をオススメします。

歯も大切ですが、アゴもご飯を食べる上では重要です。

出来るだけ負担をかけない様に心掛けましょう。

また、ストレスをためないようにしましょう。