神谷歯科医院 kamiya dental office

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

お知らせnews

親知らずって抜いたほうがいい?

2020.07.27

 

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷です。

今日は親知らずについて詳しくお話ししたいと思います。

 

親知らずが気になっている方は多いかと思います。でも親知らずを抜くと、すごく痛いという話も聞いて、足踏みしてしまいますね。

 

今回は、親知らずについてお話しします。

親知らずとは、1番前の歯から数えて8番目の歯のことで、第三大臼歯とも呼ばれます。

現代人は顎が小さく、親知らずがまっすぐ生えてこず斜めに生えてしまい、虫歯になったり、腫れてきたりする事が多いのが現状です。

 

 

しかし、必ずしも親知らずは抜かなければいけない訳ではありません。しっかり生えてきて上下ちゃんと物を噛めるようになっている、なおかつ歯磨きをしっかり行うことができるならば、抜かなくても良い場合もあります。

 

抜歯を進めるケースは、大きく以下の4つがあります。

 

1.親知らずが横に向いていて、ほかの歯に影響がある場合

2.大きなむし歯ができた場合

3.何度も腫れを繰り返していたり、歯ぐき、その他の場所に影響のある場合

4.歯並びを悪くする場合

 

親知らずを気にしている人は多いかと思います。年齢を重ねると、骨が硬くなり歯が抜きにくくなるため、早めに相談に来られる事をお勧めします。

女性の方は出産前後に痛みが出ても抜く事ができない場合がほとんどです。その間の親知らずのトラブルは避けたいものです。

一度健診に来られてみてはいかがでしょうか。