神谷歯科医院 kamiya dental office

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

フッ素の塗る時期っていつ?

2020.08.10

神谷歯科医院院長の神谷繁彦です。

 

お子さんがいると、むし歯予防のフッ素をいつから塗ったらいいか迷いますよね?

むし歯も気になるし、子供も小さいので歯医者に連れて行くか迷うと思います。

本日はフッ素を塗る時期とその作用についてお話しします。

フッ素を塗るメリットは以下の通りです。

1.フッ化物を塗ると歯の表面が強くなる

 フッ素が生え始めの歯の表面に当たると、歯の表面が強くなります。

2.歯が溶けても再生しやすくなる

 フッ素が存在する事で、むし歯になっても再生しやすくなる

3.むし歯菌が弱くなる

 むし歯菌に対しても、活動を抑える効果があるとの報告もあります。

 

続いてフッ素を塗る時期についてです。

塗る時期は、基本的に歯が生え始めたタイミングで塗るのがベストです。

乳歯の生えるタイミングもお話します。

  歯の種類        時期

(前からABCDEと呼びます)

    A1番目に生える歯)  約7ヶ月頃

    B2番目)       約9ヶ月頃

    C4番目)       約16ヶ月頃

    D3番目)       約12ヶ月頃

    E5番目)       約2才頃

✳︎歯の生える時期、順番は、お子さんによってかなり個人差があります。

生えたての歯は外のいろいろな物質に反応しやすいです。

よってフッ素の塗る時期は、歯の生え始めた6ヶ月から始めた方が好ましいです。

また1回限りでなく、定期的に塗る事も大切です。およそ半年に1回程度が良いでしょう。

安城市の神谷歯科医院では、0才からの健診時には、無料でフッ素を塗っています。

フッ素を塗る時期に迷っている方は、お気軽にお声がけください。