神谷歯科医院 kamiya dental office

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

離乳食の進め方

2020.08.12

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

離乳食の進め方って、なかなか正しい方法が分かりませんよね?

今回は、離乳食の進め方についてお話しします。

進め方は大きく5つの時期に分けて行うと良いです。

1.ミルク期(03ヶ月)

最初は、ミルクを飲む時期です。

2.離乳食初期(56ヶ月)

この時期は唇で飲み込む時期です。まだ歯がないので、ドロドロの物にしましょう

3.離乳食中期(78ヶ月)

この時期は、ベロで押しつぶして食べる時期です。舌で押しつぶせる程度の柔らかいものにしましょう

4.離乳食後期(911ヶ月)

歯は少し生えてきますが、前歯しかないので、歯茎で潰して食べる時期です。

この時期もまだ、歯茎で潰せる程度のものにしましょう。

5.離乳完了前期(11才半)

この時期になると、前歯がしっかりしてくるので、一口量を噛み切れる様になります。

一口ずつちぎって、あげる様にしましょう。

6.離乳完了後期(1才半〜3才)

この時期になると、後ろの歯も生えてくるので噛んで食べられるようになります。

3才過ぎると、乳歯が全てそろうので、硬いものでも食べられるようになります。

離乳食の進め方は難しいと思います。

安城市の神谷歯科医院では、0才から検診を行っています。また、赤ちゃんの歯磨き指導も行っています。

離乳の進め方や歯磨きに迷っている方は、一度相談してみてはいかがでしょうか?