安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

歯を抜いた後はどうする?

2020.08.13

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

皆さんは歯が抜けた後、どんな治療法を選択しますか?

入れ歯やブリッジなど色々な方法があります。

今回は、治療の選択方法についてお話しします。

治療法は主に3つあります。

1.入れ歯

2.ブリッジ

3.インプラント

 

まず入れ歯についてです。

入れ歯は、歯が無くなった部位に人工の取り外し出来る歯を入れる方法です。

バネをかける溝を作るために、少し隣の歯を削る必要があります。また、入れ歯は大きな装置が口の中に入るようなイメージになります。初めて作られる方はかなり違和感があるかと思います。

続いて、ブリッジについてです。

ブリッジは、隣同士の歯をしっかり削り、被せ物で繋げて、橋渡しをする方法です。

隣同士の歯をかなり削る事になるので、歯の寿命が短くなってしまう事があります。

最後に、インプラントです。

インプラントは、無くなった歯の部分に、人工の歯を作る方法になります。隣同士の歯を削る心配がありません。また、普通の歯と同じように、しっかり噛む事ができます。

厚生労働省は、『現在多くの文献では歯科インプラントの残存率は 10 年で 9295%と報告されている』と示しています。

過去には否定的な報告もありましたが、インプラントは現在の歯科医学において、最も成功率の高い治療法と示されています。

 

主に3つの方法を紹介しました。

選択するポイントは、隣の葉を守りたいからどうかという事です。歯を長持ちさせたいのであれば、インプラントが良いかと思います。また保険内を希望するのではれば、入れ歯とブリッジが良いでしょう。

最近歯科医院に通われていない方は、一度健診を受けてみてはいかがでしょうか?