安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

インプラントで注意すること

2020.12.22

『インプラントって、なんか怖いイメージある』

『インプラントって、本当に安心な治療法なの?』

(2020年12月22日更新)

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

の骨の中にネジを打つなんて、なんか怖いな〜なんてイメージはありませんか?

ただ、成功して手入れをきちっとすればほぼ一生持つものです。

本日は、なかなか語られていないインプラント治療のリスクをお話します。

 

①唇、舌に麻痺が出る可能性あり

下顎の中には、太い神経が走っています。

この神経は、唇の感覚を伝える働きをしています。

顎の中にネジを打つと、神経に接触する事もあり、麻痺が出る可能性があります。

また、下顎の近くには舌の神経があるので、味が感じにくくなる可能性があります。

 

②蓄膿症になる可能性あり

上顎にインプラントをする場合、歯の奥には鼻の空洞が繋がっており、蓄膿症などの鼻詰まりや痛みが続く可能性があります。

 

③痛みが続く可能性あり

インプラントを打った後はインプラントの周囲に細菌がたまりやすく、インプラント周囲炎という炎症が続く場合があります。

インプラント後には、しっかり毎日掃除をする必要があります。

 

④条件が悪いとすぐ抜ける可能性あり

インプラントは、チタンと骨が一体となり、くっつく方法です。

しかし、細菌感染など外部の力がかかると、すぐ抜け落ちてしまいます。

現在は、高い成功率を保っていますが、すべてが成功するとは限りません。

 

いかがでしょうか?

インプラントは、ブリッジのように歯を削る必要がありません。

そして入れ歯のようなバネの金属が目立ちません。

しかし、デメリットもあり、条件が伴わないと適応になりません。

それ故しっかり考えた上で治療を受けたほうのが成功率は高いのです。

入れ歯やブリッジなどの治療法と比較して、自分に合った治療法を見つけましょう!!!