安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

必見⭐️ワクチン接種前は歯科治療してもいいの?

2021.05.31

『ワクチン接種の前後で、歯の治療してもいい?』

『ワクチン後の抜歯はいつからOK?』

こんにちは。 安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

新型コロナワクチンが少しずつ進んできました。

医療関係者から始まり、現在は高齢者にも接種が始まっています。

そのため、「ワクチン後は抜歯して大丈夫なの」など、よく聞かれる機会が多くなりました。

本日は、ワクチン接種と歯科治療についてお話しします。

 

コロナワクチンの機序

コロナワクチンの種類はmRNAワクチンという種類です。

実はこのワクチンは、最近可能になった最新技術のワクチンです。

コロナワクチンの情報だけを取り出して、人の細胞にその情報を読み込ませて抗体を作らせるという、新しい技術が使われています。

この技術のおかげで、1年という短期間でワクチンが開発できました。

 

ワクチン後でも抜歯以外はOK

ワクチン接種後でも、通常の歯科治療は可能です。

麻酔を使う場合でも、歯科では局所麻酔がほとんどなので、全身に影響する事は少ないかと思います。

しかし、ワクチン接種後に副作用で、ダルさなどある場合は、控えた方が良いかと思います。

 

抜歯は控えた方が良い

抜歯を行うと、身体の免疫系が働き、細菌の侵入を防ぐ働きをします。

免疫が働き始めた状態だと、ワクチンを接種しても、通常通り抗体がつかない恐れもあります。

これはワクチン接種した後の抜歯でも同じです。

各医療機関によっても見方は差があるかもしれませんが、基本的には最低でもワクチン接種前後おおよそ1週間の抜歯は控えてください。

学会からも同様の指針が出ました。

 

いかがでしょうか?

コロナワクチンは、人の細胞に働きかけ、抗体を作る機序になっています。

コロナウイルスの抗体が正しく作られるためには、ワクチン前後では無理はしない方が良いでしょう。

新型コロナウイルス感染予防の救世主は、ワクチンだと思います。

コロナ禍を終息させるために、ワクチン接種が加速する事を期待しています。

歯医者にも接種が期待されているので、出来るだけ貢献出来る様に務めたいと思います。

(7月から集団接種の場所で協力させていただきます)