安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

お知らせnews

どんなときにフッ化物塗布は保険が利くのですか?

2021.03.15

こんにちは。安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

前にフッ素(フッ化物)塗布が保険に入ってきたということを申し上げました。

それには条件があると言いました。

今回はそれについてお話しようと思います。

 

フッ化物を使ったむし歯予防法はフッ化物入りの歯みがき粉使用、フッ化物塗布、フッ化物洗口などがあります。

このうち、フッ化物塗布が条件付きで最近保険に入りました。

その条件は以下の通りです。

 

エナメル質初期齲蝕

むし歯は結晶化したエナメル質が崩れて白濁するのが最初です。

まだこの時点で手当てをすればまたエナメル質の結晶が戻ってきます。

むし歯のなりかけを治すのにフッ化物は効果があります。

 

齲蝕多発傾向

乳歯、永久歯がむし歯になっている本数によっては、ある一定の基準を超えた場合にフッ化物塗布を行うと保険が効きます。

これは年齢によってむし歯の数で決まります。

ただ、ホントはむし歯になってほしくないのですが…。

いや、むし歯が多い子のため、むし歯を増やさないようにする方策なんです!

 

訪問診療などの在宅療養患者さんでの初期の根面齲蝕

在宅療養患者さん傾向としてお口の中が汚れやすいのです。

また歯周病を併発していることも多く、歯の根が露出していることもよくあります。

この歯の根の部分はむし歯になりやすいので、その防止のためにフッ化物塗布を行うことが多々あります。

 

いかがでしょうか。

新型コロナ流行だからこそ、むし歯などで面倒になることのないよう、フッ化物で予防をしてみてはいかがでしょうか。

保険の利く治療は大いに利用したいものです。