安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

転んで歯や唇をぶつけたときの対応

2020.08.16

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

皆さんは市中で顔面をぶったりしてけがをすることがあるかもしれません。特に赤ちゃんは歩き出すとすぐ転びますよね?転ぶと唇や歯をぶつけて血が出る事があると思います。歯医者さんに連れて行くか迷いますよね?

本日は転んで歯や唇をぶつけた時の注意点をお話しします。

転んで歯や口をぶつけた場合は、歯の状態や唇や舌に傷が無いか診察する必要があります。そのため、早めに歯科医院などの医療機関を受診する事をお勧めします。

しかし、夜間や休日に事故に起こった場合、歯科医院が開いていなくて受診できない場合も多いので

とりあえず簡単に見分けられるように注意点を列挙します。

1.歯が欠けていないか

2.歯が揺れていないか、抜けていないか

3.唇や舌から血が出ていないか

歯科医院で行う処置は以下の通りです。

1.まず欠けた場合です。

欠けが小さければ欠けた所を埋めたり、尖った部分を滑らかにする処置を行います。

また欠けが大きい場合、中に神経があるので、神経の治療が必要になる事もあります。

 

2.次に歯が揺れたり、抜けた場合です。

子供の場合、顎の骨が柔らかいので歯が折れることよりも、歯が揺れたり抜ける事が多く見られます。その場合、歯を元の位置に戻して、歯を専用の接着剤で固定します。

もし歯が抜けてしまった場合、最良なのは『牛乳』に入れて歯科医院まで持ってくることです。歯の根には「歯根膜」というものがくっついています。乾燥したり、また浸透圧の異なる真水に入れるのは歯根膜にダメージを与えてしまい、元通りくっつきません。牛乳は、体の浸透圧に近いので、ダメージを与えることなく保存する事ができます。

 

3.最後に唇や舌から血が出ている場合です。

口をぶつけると、外の硬いものと歯または歯同士で唇や舌を挟む形になるので、傷ができている場合があります。

特に舌を切った場合は、多く出血する事もあります。

口の中を切ったとき、傷口が大きい場合は通常糸で縫う必要がらあります。しかし小さい場合は、縫わずに消毒のみで経過観察をする事もあります。

 

受診するところは医科の方かと思われる方もおられますが、歯、口の中や唇などに関しては歯科の方ですので、歯科医院受診をお勧めします。

なお、安城市には保健センターに休日歯科診療所があり、休日や年末年始に事故が起こった場合は急患対応を行っています。

もしもの時には、一度相談してみてはいかがでしょうか?