安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

新型コロナに負けない歯科治療を!

2020.11.20

(2020年11月20日更新)

こんにちは。安城市の神谷歯科医院院長の神谷繁彦です。

 

昨日、愛知県から新型コロナウイルス(Covid-19)感染症のレベルが「厳重警戒」になりました。

皆さん、「3蜜」と、消毒、手洗いにお気を付けください!

 

さて、その新型コロナ感染症と歯科の関係です。

歯科治療に関して悩まれる方が多いかと思います。

特に待合室や診察室などはいつも人がいる場所です。

歯科の場合、「今すぐ!」の診察が必要ではない場合、様子見している人も多いのではないでしょうか。

特に治療時の密着度などから、「まだいいか」と敬遠しがちということもあるかもしれません。

 

調査により、歯科医院の現在が浮き彫りになりました。

ある歯科医院で2020年10月に歯科医師約1000人を対象に、「コロナ禍での歯科医院の取り組み」に関する調査を実施しました。

まずは、新型コロナウイルス流行における来院者数の変化を質問では「大きく減った(12.6%)」と「少し減った(22.1%)」を合わせて「減った」派は3割を超えました。

新型コロナという“確固たる理由”によって、後回しの傾向が出ているのかもしれません。流行前でも、激しい痛みや詰め物が外れたなどの緊急事態に見舞われてから、重い腰を上げてやっと予約というパターンは前にお話ししました。

ただし、「あまり変わらなかった(31.2%)」、「少し増えた(22.1%)」、「大きく増えた(12.0%)」という回答も3割超となっています。

この増加原因として在宅ワークで通院時間のやりくりが可能になったり、家族の変調に気付きやすくなったりなどが考えられます。また地域差があるかもしれません。

 

今回の新型コロナ流行では、当院では予約についてはそのままでご案内しております。

歯科医院でのクラスター感染が全くないこと、当院では換気をしっかり行っていること、「3蜜」と、消毒、手洗い徹底していること、スタッフもフェイスシールドマスクガウン(症例によって)などを使用するなどを行っており、心配はありません。

それ以上に健診を控えていると、口の中が汚れて、むし歯、歯周病などが進むリスクの方が大きいのです。

気になる方は当院へご連絡ください。お待ちしております。