安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

3人に1人が知覚過敏?!!!

2020.11.28

(✳︎2020年11月28日更新)

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

『水を飲むと、ズキッとしみる』

『歯みがきすると、ある部分だけしみる』

なんて事はありませんか?

もしかしたら、知覚過敏かもしれません。

本日は、知覚過敏についてお話しします。

知覚過敏とは

知覚過敏とは、冷たいものや歯みがきなどの刺激で、歯がしみるようになる状態を指します。

なぜしみるの?

歯の最表層のエナメル質は、削っても痛みを感じる事はありません。

その下の象牙質は、冷たいものがらあたったり、歯ブラシなどで擦ると、神経に痛み刺激を伝達します。

何かの原因でこの象牙質が露出することがあります。

これが知覚過敏の原因です。

対策は?

①研磨剤の入った歯みがき粉は控える

表層のエナメル質が削れると、中の象牙質が露出し、しみるようになります。

歯を削ってしまう、市販の研磨剤入りの歯みがき粉は控えましょう!

②歯ブラシは柔らかいものに!

硬い歯ブラシでは、エナメル質が削れてしまいます。

出来るだけ柔らかいものにしましょう

③しみ止め入りの歯みがき粉を使う

乳酸アルミニウム

硝酸カリウム

上記の2つの成分が、しみる症状を抑えてくれます。

裏の成分表示を見てみましょう。

 

知覚過敏は、日本人の3人に1人はいると言われています。

歯みがきのときに、出来るだけ優しく磨くことが重要です。

無駄に歯を削ることのないように、柔らかめの歯ブラシを使いましょう。