安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

保険で白い被せ物出来る事、知ってますか?

2020.12.02

2020122日更新)

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

『銀歯は見た目が気になるから、白い被せ物にしたい』

『なんで保険の被せ物は、銀歯なの?』

なんて思ったことはありませんか?

 

一昔前は奥歯の被せ物は原則として金属しかありませんでした。

現在ルールが改正され保険内で白い被せ物が出来るようになりました。

今回は、保険内でできる白い被せ物CADCAM冠(キャドカムかん)についてお話しします。

 

CAD/CAM冠は、被せるために削った歯の台(支台歯)を写真で撮影して、材料の塊を3Dプリンターで削って作ります

特に202091日特定保険医療材料一部改正で、CAD/CAM冠について、前歯から第一大臼歯まで、適応範囲が拡大されました。

という事は、ほとんどの歯は保険内で、白い被せ物が出来ることになりました!!!

 

しかしCADCAM冠は、メリットは沢山ありますが、デメリットもあります。

①メリット

保険内で可能

溶け出すことがない

見た目がよい

②デメリット

自費の材料に比べて割れやすい

銀歯に比べて取れやすい

かみしめや歯ぎしりの癖のある人は、適応外!

微妙な色合いが出しにくい

CADCAM冠は、少し脆いセラミックで作ってあります。

そのため割れたり、取れたりする可能性があります。

当院ではそれを防ぐために冠を厚めにするなど、注意して作っていますが、

頻繁に歯医者さんに通うことが出来ない方は、オススメしません。

 

近年、金属を使わない治療『メタルフリー』が浸透しつつあります。

ご自身の歯を長持ちさせるために、CADCAM冠も検討してみてはいかがでしょうか?

一度当院でご相談ください!!