安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

義歯(入れ歯)ってどんな種類があるの?②部分義歯

2020.12.15

(2020年12月15日更新)

こんにちは。安城市の神谷歯科医院院長の神谷繁彦です。

前に総義歯についてお話しました。

今回は部分義歯についえお話します。

 

診療をしていてやむを得ず歯を抜かなければいけない!でも抜いた後にほかの歯が残っている!

こういうは場合に部分義歯が適応になります。

部分義歯は残っている歯がありますのでそれを利用して入れ歯を維持させます。また噛み合わせの力を歯に伝えます。

 

保険の部分義歯は金属を使います。

バネ(クラスプ、鉤)は金属などで作ります。

また歯のないところが離れている場合は金属のバーなどでそれぞれの場所を結びます。

 

ところがこの金属が見た目によくないところに使わなければいけないことが多々あります。

自費でそれを避けることができる義歯があります。

 

まずはノンクラスプ義歯というものがあります。

これはバネを金属の代わりに義歯の床を延長して利用する方法です。

次にバネに替わりに特殊な維持装置(アタッチメント)をつけて維持させる義歯もあります。

 

自費の義歯の欠点は修理がしにくいことです。

ノンクラスプ義歯は経年変化で義歯が合わなくなった時に保険で使える裏打ちの方法が使えません。

またアタッチメント義歯は顎の生理的変化に追いつくことが難しいのです。

 

どのような方法で歯を入れるかはスタッフにお聞きください。