安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

歯のないところに歯を入れる③ブリッジ

2020.12.17

(2020年12月17日更新)

こんにちは。安城市の神谷歯科医院の神谷繁彦です。

前に入れ歯(義歯)についてお話しました。

義歯の最大欠点は噛み合わせを支える場所は歯ぐきの粘膜というところです。

歯ぐきの粘膜はみての通り硬くありません。

触ってフワフワしているのでしっかり噛み合わせようとすると義歯が沈んでしまいます。

その欠点を補うのが架橋義歯(ブリッジ)です。

 

ブリッジとは、川にかかっている橋の様に、歯を失った部分の両脇の歯を支えにして、一体型の被せ物を装着する治療方法です。

 

ブリッジも例外に洩れず、利点欠点があります。

ブリッジのメリット

  • 植わっている歯に固定されるので、義歯の様に動かない
  • 保険治療適用のブリッジの場合、価格を抑えられる
  • 歯を削るのみで治療ができるので、インプラントのような手術が必要ない

 

ブリッジのデメリット

  • ブリッジの支えとなる歯を削らなければならず、削った歯の寿命が短くなる傾向がある。
  • 支えとなった歯は負担が増え、その歯の寿命を損なうおそれがある
  • 保険治療適用の場合、金属使用の場合、見た目で目立ちやすい。プラスチックの素材の場合、経年変化で色が悪くなる。また、金属アレルギーの人には使いづらい。
  • 歯のないところにかけた歯の下に食べかすが詰まりやすく、むし歯や歯周病の原因になりやすい。

 

やはりブリッジでも材料によって自費のものもあり、上記の欠点を補うものがあります。

ただ、歯のないところが連続してある場合、不適応の場合があります。

 

どのような材料、範囲でブリッジにするかはスタッフにご相談ください。