安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

インフルエンザ感染と新型コロナ感染の予防法は共通?

2021.02.25

(202年2月25日)

こんにちは。安城市の神谷歯科医院院長の神谷繁彦です。

この冬のインフルエンザ感染者数は例年に比べて激減しているようです。

すでに2020年の11月のインフルエンザの患者数は2019年の11月のインフルエンザの患者数と比べて9割減となっています。

なぜでしょう?

この大きな原因として、新型コロナウイルス感染症が世界的に大流行し、

それに対応すべく感染予防の行動様式が国民一人ひとりに浸透したことが挙げられます。

 

いろいろな記事を見ていると、新型コロナとインフルエンザの予防法は共通しています。

前にも申し上げておりますが、再度掲げます。

1.「三密」を避ける

「密集」、「密閉」、「密接」の三つの「密」を避けて生活しましょう。

2.人混みに入る時は必ずマスクを着用

人混みに入る時(スーパーでの買い物、電車バスなどの公共交通機関利用、近距離に他の方がいる時など)は、必ずマスクを着用し、鼻と顎をしっかりカバーしましょう。

近距離で会話をする場合、お互いにマスクを着用していれば感染を予防できます。

3.「目、鼻、口」を不用意に触らない 

実はというのはいろいろなところを触るので不潔なんです。

その手で「目、鼻、口」触ると、そこから感染してしまいます。

よって手をよく洗いましょう。(石鹸、アルコール消毒も可)

4.部屋の換気

部屋の換気を心掛けましょう。できれば少しづつがいいでしょう。部屋を冷やしすぎると乾燥してよくありません。

5.毎日検温する

毎日体温を測定しましょう。

発熱が続いたら(基礎疾患のある方は2日程度、基礎疾患のない方は4日以上)、直接医療機関を受診する前にお近くの「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談し、アドバイスを受けてください。

6.適度な運動を心掛ける

ずっと家に閉じこもっていると体力と免疫力が落ちてしまいます。

家の周りを散歩するなど、適度な運動を心掛けましょう。

散歩、通勤中などで屋外を歩くときに2m以内に複数の人がいない場合、感染する可能性は低く、マスクの着用は必須ではありません

7.会食は極力控える

現在政治家や官僚、有名人などがこれを行い、問題になっています。

クラスター感染のもとになりえますので、まだしばらくはできるだけ避ける方が賢明でしょう。

 

いかがでしょうか。

もう少しの辛抱かと思いますが、ご協力いただければと思います。

インフルエンザと一緒に予防しましょプ。

当院でもできるだけの予防を行っております。