安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

スポーツ選手でも歯は大事!

2021.02.26

(2021年2月26日)

こんにちは。安城市の神谷歯科医院院長の神谷繁彦です。

歯はものを食べるだけではありません。まわりまわって、スポーツその他にも影響するのです!

 

先日下のような記事があるのを発見しました。

  中日は23日、溝脇隼人内野手(26)が口腔内の痛みを訴え、名古屋市内の病院で精密検査を行うため、沖縄春季キャンプを離れて名古屋へ戻ったと発表しました。

 与田監督は「ちょっと歯の状態があまりよくないので原因をしっかり究明中です」と説明したということです。

 

歯はとても重要なのです。歯が悪い、歯ぐきが弱い人は力が出ません。

「歯を食いしばる」とよく言いますが、最大の能力を出すには歯と歯ぐき、アゴにとても強い力が入るのです。

それ故、スポーツ選手なら、歯を大事にします。プロならなおさらのことです。

お聞きすると、まめに歯医者に通っている言われます。

 

また、北米と英国の専門家らによる、トップレベルおよびプロのスポーツ選手の口腔衛生に関するこれまでの研究報告で、

むし歯は15~75%、また中度から重度の歯周病は最大15%、さらにエナメル質の侵食は36~85%のスポーツ選手に影響を与えていることが明らかになりました。

研究論文の共同執筆者で英ロンドン大学(University College London)イアン・ニードルマン(Ian Needleman)教授は、口腔衛生に関する問題は、痛みや炎症を引き起こすだけでなく、睡眠や食事に影響を及ぼし、競技への自信を失わせることもあると述べました。

そしてスポーツ選手は、食事制限や練習からの大きなストレスに直面しており、それが歯への負担となって表れているということです。

その中でも特に唾液は歯を守る上で重要な効果があり、激しい運動による脱水症状は、口腔の健康不良を増加させる可能性があります。

ニードルマン教授は、「口腔の健康への危険があることと、それは簡単な方法で抑制できることを知って欲しい。例えば、単純な脱水症状には水かハイポトニック飲料が適しており、また歯磨きの後は(水で)すすがずに、吐き出すだけにすることなどだ」と述べておられます。

 

いかがでしょうか。

今回の話は研究結果があるので難しかったかもしれませんが、よく考えていただければ歯の良しあしが日常生活にも影響が出る可能性があることがお分かりいただけるかと思います。

歯はしっかり治して、そのあとの管理もしっかり行いましょう。