安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

新型コロナの後遺症で歯科に影響する!!!

2021.03.01

(2021年3月1日)

『新型コロナに感染したら、後遺症で歯を磨くことも苦痛になる!!!』

こんにちは。安城市の神谷歯科医院院長の神谷繁彦です。

新型コロナにかかった方で後遺症を訴える人が増えています。

コロナ感染時には無症状や軽症であっても後遺症が発症し、

中には、激しい倦怠感や、息苦しさ、体の痛みなど、家の中での日常的な動きも制限されるほどの症状に苦しむ人がいるということです。

 

一番多い症状は倦怠感です。

重い方ですと、お風呂に入るだけで1日寝込んでしまったり、ドライヤーを持っていることができない症状が出ています。

また、歯ブラシを持って歯を磨くことが体力的に非常に苦痛と訴える方もおられます。

その他、思考力の低下、気持ちの落ち込み息苦しさ、身体の痛み、脱毛などの症状が見られます。

特に頭に霧がかかったような感じがする症状(ブレインフォグ)を訴える方も多くおられます。

また最初は軽症もしくは無症状感染でも、後遺症だけが出てきたという方もおられます。

感染してから半年は後遺症が出てくる可能性があると思われます。

 

その他歯科では海外のニュースで「新型コロナウィルスの後遺症で歯が抜ける可能性がある」という記事も出ました。

感染時に出た味覚障害、嗅覚障害がなかなか治らないという方も多数おられます。

また歯ぐきに痛みを感じたり、歯が灰色に変色したり欠けたりした、という様々な症状も報告されていますが、これは新型コロナが原因という証拠はまだありません。

まだまだ新型コロナが歯科的な問題を引き起こすと考えるには、データが不足していてすべて確実なことが言える状態ではありません。

 

いかがでしょうか。

新型コロナに感染したら、症状の軽重にかかわらず、このようにいろいろな後遺症がありますので、新型コロナに絶対にかからないようにしましょう

歯科の治療に影響する可能性は大きいですので。