安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

歯の数が少ないと認知症になりやすい。

2021.04.30

こんにちは。安城市の神谷歯科医院院長の神谷繁彦です。

前にここで「ひみこのはがいーぜ」のお話をしました。

細菌その中で「の(脳の活性化)」の話が話題になってきました。

そのもとになっている研究は下記のとおりです。

歯と認知症に関する調査で、65歳以上の約4400人(介護認定を受けていない)を対象に調査を実施した結果、歯がほとんどなくて、入れ歯を使っていない人は、歯が20本以上ある人に比べて約2倍ほど認知症になりやすいことがわかりました。

また歯がほとんどなくても、入れ歯を使っている人は、入れ歯を使っていない人に比べて、40%ほど認知症のリスクが低くなるということでした。

これは食べ物を噛むことで、その刺激が脳に伝わって、認知症の予防になっているのではないかと考えられています。(神奈川歯科大学)

 

次に歯と認知症の関係を調査した研究では、残存歯数が少ない人ほど、脳の海馬や前頭葉の容積が小さくなるということです。

認知症ではない人は、残っている歯の数が平均約15本であるのに対して、認知症になっている人の歯の数は、平均約9.5本でした。この結果から、お口の中の歯の3分の2を失うと、認知症のリスクが高まると考えられます。(東北大学)

 

さらに、マウスを使用した研究では、歯のないマウスの脳には、歯があるマウスに比べて、アルツハイマー型認知症の原因と考えられるアミロイドβ蛋白の沈着を多く認めました。(広島大学)

そして厚生労働省が愛知県の健康な高齢者4425名のデータを解析したところ、残存歯数が少なく、かむ力が低い人ほど認知症の発症リスクが最大で1.9倍になるということです。

最後にアルツハイマー型認知症を発症したマウスを、奥歯を抜いた群と、歯がそろった群に分けて比較したところ、奥歯を抜いたマウスのほうが学習能力、記憶能力があきらかに低下していることがわかりました。(広島大学)

 

いかがでしょうか。

ものを嚙むことによって脳の血流がよくなりますし、神経回路を通じて脳への刺激が送られることで、脳の活性化につながるのです。

そして認知症の予防にもつながります。

当院ではできるだけ歯を残すように努力しています。