安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

歯頚部(歯と歯ぐきの境)のむし歯について

2021.08.26

『歯と歯ぐきの境にむし歯ができやすいけれど、なぜ?』

『歯ぐき近くの歯が白く吹いているけれど、これってむし歯?』

こんにちは。安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

皆さんむし歯はどこによくできますか?

実は、歯には汚れがたまりやすい場所として、3大不潔域というものがあります。

それは歯の噛み合わせの溝、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境です。

そしてこの3か所が最もむし歯になりやすいところなのです。

 

ではこのうち一番むし歯が出てくるのはどこなんでしょうか?

あ、大人と子供ではちょっと違いますね。

つまり、永久歯と乳歯の違いでしょうか。

お子さんでは歯と歯の間によくむし歯が見つかります。

では、大人ではいかがでしょう?

 

先日、むし歯を治してほしいという方が来られました。

そしてお口の中を見てみると、歯と歯の間もさることながら、歯茎のところにむし歯がたくさんできていました。

極めつけはその歯ぐきのところに目に見えるようなプラークがいっぱいついていたのです。幸い、むし歯自体はそれほど深くなく、削ってプラスチックを埋めて終了というものがほとんどでした。

 

長く歯科医をやっていると、大人では歯と歯ぐきの境にむし歯ができやすいというのを感じます。

たぶん、皆さんが歯磨きをするときに、歯ブラシの毛先は歯のつるつるの表面しか当たっておらず、歯と歯ぐきの境まで歯ブラシの毛先が届いていないかもしれません。

その原因は?前歯では唇が奥歯では頬が歯ブラシを押さえつけていて、毛先が歯と歯ぐきの境に届いていないことも多いようです。

それを意識して歯磨きをしてもらうといいかもしれません。前歯では唇を緩めて磨きましょう。奥歯ではお口を大きく開けすぎずに歯磨きしてみましょう。

また最初は炎症があって歯ブラシの毛先が当たると痛いかもしれません。その場合は毛先の柔らか目(動物の毛先のものはNG)の歯ブラシを使ってみましょう。

長い期間歯ブラシをこのようにして使って、しっかり歯磨きをすると、時に歯ぐきの近くで白く吹いていた歯質が元通りになり、透明感が出てきます。

 

いかがでしょうか。場所

今回は歯ぐきの境にできるむし歯予防の話をしましたが、この場所をしっかり磨くと歯周病の予防にもなるのです。

ぜひともお口の健康のためにしっかり歯磨きしてください。