安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

痛くないむし歯―神経を取るのは慎重に判断します―

2021.10.10

『痛みがないのでしばらく歯医者に行っていないからむし歯があるかしらん?』

『ほっとくと簡単にむし歯ができそうだけど痛くない。』

こんにちは。安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

歯の病気で大きなウエイトを占めているのはもちろんむし歯です。

むし歯はなり始めの時は痛くもかゆくもありません。なぜなら歯は一番外側はエナメル質という神経のない硬い組織で覆われているからです。

その硬さはモースの硬度計で6.5,長石と石英の間です。物質は水酸燐灰石の結晶で外界のサンになどにはかなりの抵抗があります。

それだけ硬い物質でありながら、やはりに長時間さらされると結晶が崩れてきます。また歯ぎしりや噛みしめによる摩耗もあります。

 

しかし歯はエナメル質だけではありません。エナメル質の中は象牙質という組織があります。

象牙質はエナメル質ほど固くなく。手用歯科切削器具(エキスカベーターなど)で割合に削れてきます。

この象牙質、室は均一でなく中に象牙細管という神経に通じる管があります。それでここまでむし歯になると見ず、進んでくるとお湯などに感じてきます。

そしてむし歯が進み神経にダメージが出ると今度はしみなくなってきます。

この段階で痛みがなくなったのでむし歯が治ったと思うのは大間違いです。

実は治ったのではなくむし歯がひどくなって神経が死んでしまったのです。

これを放置していると歯の神経に入り込んだむし歯が増殖し、歯の根の先で炎症を起こします。

そうすると、ものを噛むと響く、または鈍い痛みが起きる、ということになります。

 

さて、ここからが本題です。

実は神経が生きているのにむし歯がある、それも痛みを感じないという患者さんが出てきました。

理由としてはむし歯エナメル質だけにあるというのが初めに考えられます。この場合は様子を見る、深くて象牙質までむし歯が進みそうだというときは削って治します。

ところが象牙質にもうむし歯が入り込んでいるのに痛みがないというケースもたまにあります。

こういうことはむし歯は進んでいるが、急激に進んでいないというケースでこのようなことが見られます。むし歯菌の出す酸の量が少ないことが考えられます。

しかしその酸がある以上、むし歯は進むのです。

そのため、我々歯科医は定期的にお口全体の写真を撮ってそのようなむし歯がないか調べます。

もし見つかった場合は通常はそのまま治していきますが、あまりにもむし歯が大きくて神経に近接している時はいきなり詰めるのではなく、裏打ちをして様子を見ることも多々あります。

できるだけ神経を取らないようにするためです。

神経の取った歯は歯に栄養が来ず、だんだんもろくなるなどで寿命が短くなるからです。

しかし治療後にで痛みが強くて日常生活に支障がある場合は、泣く泣く神経を取らなくてはいけません。

私がそういう症例にあたった時は非常に悔しい思いをしながら歯の根の治療を行っています。

できるだけそのような症状が起こらないように注意しています。

 

 いかがでしょうか。

簡単にホイホイと神経を取ると思われる方もおられるかもしれませんが、決してそうでなく、いかにしたら歯の寿命を長く、なおかつ日常生活に支障をきたさないようにするかを考えております。

どうしても治療後に歯が痛くて日常生活に支障があるという方、ご相談ください。