安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

歯の根の治療をやったのに噛むと違和感が出る?

2021.10.28

『根管治療が終わり最終的なお薬を入れたのですが染みるような痛みがある!』

こんにちは。安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

歯の根の治療(根管治療)が終わって最終的な薬を入れてもたまに痛みが残ることがあります。

最終的なお薬というのは根管を封鎖するために用いる根管充填材のことを言います。

通常、神経治療が終わっている歯は神経がないので、染みるという症状はないのが普通です。

それでも冷たいもの、熱いものが染みる、噛んだ時に染みるような痛みや違和感があるという症状が残ることがあります。

いろいろ分けると下記のようになろうかと思います。

(a)たまにじわりとした染みる痛みや違和感がある

原因は2つほど考えられます。

①前後の歯がしみている

治療した隣の歯にむし歯などがある場合はしみることがあります。

そこでレントゲンで前後の歯が神経がある歯かどうかを確認して、むし歯の有無をチェックします。

また、知覚過敏などがないかもチェックしてみます。

②治療歯の神経が一部残って生きている

見落としている根管がないかCT(断層撮影)などで確認します。

根管治療が不十分となっている場所かあれば、再治療を行います。

また根の先は神経の入っている管が細かく分かれていることも多く、その場合は症状を治めるのに苦労します。

(b)噛んだ時に重い痛みや違和感がある

適切に根管治療が行われても、根に詰めた薬が刺激となって、治療後に違和感などが残る場合もあります。

治療に問題がなく、症状が軽快の方向に向かうならばければ、3ヶ月程度で症状は緩解してきますから、しっかりと経過観察していきます。

それでも症状が続く場合は、再び根管治療を行うこともあります。

場合によっては根管治療後に歯にひびが入ったり割れる可能性もありますので、その場合は抜歯も考えなければいけないかもしれません。(抜きたくないですが)

(c)昔歯の根の治療をやったところが痛くなった

根管治療は治療が終わったらもう一生大丈夫とは100%言い切れません。

歯の根の炎症の再発もたまにありえます。

そのでも前に詰めた材料を取り、再度根管治療を行うことでたいてい。症状はよくなります。

 

いかがでしょうか?

我々歯科医は歯の根の治療は見えないところを治療するという観点から、難しい治療の部類に入ります。

治療しながら我々歯科医の頭に歯の根の状態を想像しながら治療を進めていきます。

もし歯の根の治療が終わっても症状が治まらないようなことがありましたらご相談ください。