安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日
  • ホーム>
  • 新着情報>
  • 新型コロナ感染を防ぎ、重症化させないためにもお口の中を清潔に!

歯周病%e6%ad%af%e5%91%a8%e7%97%85

新型コロナ感染を防ぎ、重症化させないためにもお口の中を清潔に!

2021.11.03

『歯周病になると新型コロナに感染しやすいの』

『歯周病が強い人は新型コロナ感染症にかかると重症化しやすいの?』

こんにちは。安城市の神谷歯科医院院長の神谷繁彦です。

最近新型コロナ感染症の感染者数は激減してきました。

東京で10人台、むしろ大阪のほうが多いくらいになってきました。

そうなるといまさらながらの話題になってしまいますが、やはり新型コロナ感染症と歯周病の間には関連性があるのです。

つまり、新型コロナ感染症で重症化率は歯周病がある人とない人とではっきりとした差があるということです。

『ジャーナル・オブ・クリニカル・ペリオドントロジー』という権威ある一流ジャーナル誌によると、歯周病がある人とない人とで新型コロナの重症化の割合を調べたところ、以下のような差が出たということです。

歯周病がある人258人のうち、重症化したのは33人(12.8%)

歯周病がない人310人のうち、重症化したのは7人(2.3%)

歯周病があると重症化しやすいことは間違いありません。

また、歯周病のある人とない人で、感染後のリスクを調べたところ、

死亡する可能性 8.81倍

人工呼吸器を使用する可能性 4.57倍

集中治療室に入院する可能性 3.54倍

合併症発症の可能性 3.67倍

ということで、すべての人が歯周病のある人のほうがハイリスクであることが明らかになりました。

 

これから第6波が来る可能性があります。

そのような状態でも新型コロナ感染症予防のためにも、歯科への受診は控えるのではなく、きちんと歯科に通院して感染(特に歯周病)を予防し、重症化のリスクを下げるほうが奨励されています。

予防のための第一歩は、やはり、ワクチンの接種です。

最近の接種率は70%を超え、感染拡大を抑えるくらいまでに浸透してきました。

また、外出先から戻ったら石鹸で手を洗うこと、うがいやマスク着用などが言われています。

そして、もう1つ、日頃から気をつけて頂きたいのが、お口の中を清潔に保つことです。

歯みがきや口腔ケアをおろそかにする、つまりお口のなかが不潔な状態を放置しておくと、口の中にウイルスが広がり、エアロゾル中のウイルス量が増えて感染拡大しやすくなります。

また重症化を招きにくくなるのです。

よって日ごろの歯磨きをしっかり行い、それで取り切れなかった汚れを歯医者さんできれいにしてもらうといいかと思います。

 

いかがでしょうか。

まだ新型コロナ感染は世界的には収まっておりません。世界の地域によっては増加しているところもあります。

日本では前述したようにワクチン接種が70%を超えていますが、そのほかに感染を拡大させない一つの方法として、歯科医院へクリーニングに来ませんか。