安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

キシリトールはなぜむし歯に効く?⭐️

2020.11.12

✳︎20201112日更新)

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

『キシリトールガムってなんで良いの?』

『キシリトールガムがあれば、歯磨きいらない?』

キシリトールはよく耳にしますよね。

ですが、なぜキシリトールはむし歯に効果的なんでしょうか?

本日は、キシリトールについてお話しします。

 

キシリトールとは、甘味料の1つです。

甘さは砂糖と同じくらいですが、カロリーは25%ほど低くなります。

 

 

キシリトールの特徴を挙げます!

むし歯菌が歯を溶かせなくなる

むし歯菌は、砂糖をエサとして、歯を溶かす『酸』を発生させます。

しかし、キシリトールはむし歯菌に取り込まれても、『酸』を発生できません。

また、キシリトールを取り込んだむし歯菌は、活動性も弱くなります。

 

むし歯になりかけの歯を治す

キシリトールは、唾液中のカルシウム濃度を高めてくれます。

カルシウム濃度が高いと、傷ついた歯の修復『再石灰化』が起こりやすくなります。

唾液の分泌を促進する

キシリトールをとると、味覚が反応して、唾液がたくさん出るようになります。

唾液がたくさん出ると、むし歯予防だけでなく『再石灰化』も促します。

 

いかがでしょうか。

キシリトールは、むし歯菌を弱らせることができます。

歯磨きをせず、キシリトールだけでむし歯予防が出来るわけではありません。

食後に、キシリトールを取ることは、むし歯予防には効果的です。

キシリトール含有量が多いものを選ぶ事が大切です。