安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

最強最悪の歯周病菌、PG菌の増殖を阻止せよ!

2020.12.18

『毎日歯みがきしてるのに、出血する』

『頑張って磨いてるのに、腫れが良くならない!!!』

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

皆さんは、歯ぐきから出血したことありますか?

毎日よく磨いていも出血する、なかなか出血がおさまらないということはよくあると思います!

 

もしかしたら、最強の歯周病菌『PG菌』が原因かもしれません。

今回は、『PG菌』について、お話します。

 

歯周病にも悪玉菌がいる!!!

歯周病菌の種類は今では800種類を超えると言われています。

その中でも下記の3種類が注目されます。

PG菌(ポルフィロモナス・ジンジバリス)

TF菌(タネレラ・フォーサイシア)

TD菌(トレポネーマ・デンティコーラ)

上記の菌が、歯周病の悪玉菌と言われています。(すいません。詳細は調べてください。)

この3種類が口の中にそろっていると、いくら毎日しっかり磨いていても、歯周病は繰り返します!

 

最強最悪の歯周病菌『PG菌』

3つの歯周病菌の中でも『PG菌』は、リーダー的な存在です。

この菌は血液を取り込んで生きています。

そして酸素のあるところでは存在が苦手です。

また、PG菌がいると、他の2つの菌が元気になってきます。

そして、3つが寄ってたかって、歯ぐきを傷つけていきます!

 

•3つが集まるのを、阻止する!!!

3つの菌は、およそ3ヶ月で集合体『バイオフィルム』を作ります!

このバイオフィルムができた頃、3ヶ月に一度歯科医院でクリーニングを行ってを除去することで、歯茎が腫れることを未然に防ぎます。

 

歯ぐきが腫れるのは、『歯みがきの仕方が悪い』だけではありません。

3つが寄ってたかって、歯ぐきを腫れさせる前に、クリーニングする事が重要です。

 

最近歯科医院に行っておられない方は、一度クリーニングに通ってみてはいかがでしょうか?

また、これらの菌が増殖しないよう、定期健診を継続して受けてみませんか?