安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

リラックスして歯科治療に臨む!

2021.01.10

(2021年1月10日)

『治療台に登ると緊張する!』

『噛み合わせがうまくとれないといわれる!』

 

こんにちは。安城市の神谷歯科医院院長の神谷繁彦です。

先日ある患者さんの総入れ歯の治療(作成)を行いました。

実はこの患者さん、作成にほかの方の2倍の来院回数を要しました。

理由は噛み合わせの記録を取るときの顎のずれでした。

 

入れ歯の作成の時に一番気を遣うのは実は噛み合わせです

特に総入れ歯の時は口の中に全く基準がなく、顔の高さ前に入れていた入れ歯などを参考にして決めています。

それでもおおよその噛み合わせですので、作成途中の蝋義歯の段階で嚙み合わせ、前歯の位置などを確かめます。

噛み合わせのずれはたいていはここで発見されます。

 

ずれの原因はいろいろ考えられます。たいていは緊張することから来ています。

就寝時の姿勢習慣

頬杖

口唇の緊張や施緩

心理的な原因によるお口の周囲筋、舌の緊張

口呼吸.

加齢変化

職業等での一定姿勢の継続 または歯科治療受診による歯列の形態変化

ブラキシズムと呼ばれる無意識の歯ぎしり、または食いしばり、噛み締め習慣 などなど。

 

前述の患者さんは生活習慣で下顎を前へ出す傾向がありました。

模型を作って蝋義歯を作ってみると、歯並びが自然と違って前のほうにずれていました。

再度噛み合わせの記録を取って試適してみると・・

今度は奥歯がしっかり噛んでいない!やり直しです!

3回目でやっとしっかりした噛み合わせのものができました。

2回目の時にリラックスできたかもしれません。

そして完成した入れ歯を入れると、

まさにピッタコン!

 

いかがでしょうか?

金属の詰め物、被せ物の場合は歯がしっかりしていますので、噛み合わせは合わせやすいのですが、

総入れ歯の場合は上に書いたずれの原因で噛み合わせが合わせにくいのです。

少し手間がかかる場合があるかもしれませんが、気持ちよく噛めるようにするのに時間(期間)がかかることもあります。

その時はご協力いただけると助かります。

できるだけリラックスして来院していただけるとより良い治療ができます。

御協力をお願いいたします。