安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

お知らせnews

昔はこんな抜歯もやった!開業30年の経験!

2021.05.17

こんにちは。安城市の神谷歯科医院院長の神谷繁彦です。

開業30年たつといろいろな経験をするものです。

今日はその中で印象に残った治療のお話です。

 

とある日、むし歯で歯が折れて歯の根だけ残った患者さんが来られました。

お話を聞くと、昔歯の根の治療をして冠をかぶせて、かなりの年数がたっていたとのこと。。

お口の中を見てみると、上の6歳臼歯が歯の上の部分から折れて残根状態になっていました。。

これは抜歯しかないと、さっそく抜歯治療に取りかかりました。

 

ただしこの歯は気を付けなければいけないことがあります。

6歳臼歯(第一大臼歯)は通常は歯の根が3つあります。

特に一番気を付けなければいけないのが内側の根で、花の副鼻腔の上顎洞という空洞に接していることがよくあります。

残根状態で安易に力をかける歯の根が上顎洞に入ってしまいます。

根を残したままですと、副鼻腔炎になり、鼻まで影響を残してしまいます。

 

で、この時はやってしまいました。

すぐには炎症は出ないので、やり方を考えて、日を替え、歯を抜いた部分を大きく削り、副鼻腔に生理食塩水満たして吸引器で吸ったところ、見事に取り出すことができました。

 

普通でしたら病院歯科へ送って治療依頼をするところですが、自院でここまでの処置ができたのです。

取れた時はうれしかったですね。

 

いかがでしょうか。

初めに申し上げましたが、,開業30年、いろいろな経験をしてきました。

かなりのところまで治療をカバーするようにしておりますが、無理はしないように心がけております。

歯のことで何かありましたらお気軽にご相談ください。