安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

新型コロナワクチンのアナフィラキシーショック

2021.06.22

『新型コロナワクチンはアナフィラキシーが怖い!』

『新型コロナワクチンはどのくらい副反応が出るの?』

こんにちは。安城の神谷歯科医院院長の神谷繁彦です。

上記の疑問が若い方を中心に出ているようです。

そのために新型コロナワクチンの接種をためらう方が多いようです。

若い人に聞いてみると、約3割の方がこれで接種をためらっているようです。

しかし、感染した時のリスクのほうが極端に大きいのです。

アナフィラキシーショックとは短時間(たいていは30分以内)に呼吸困難、急激な血圧低下、心停止、意識消失などの症状が現れることです。

主な症状は次のことが考えられるようです。

全身の蕁麻疹、急激な血圧低下、頻脈、気管支痙攣(喘鳴)など。

これの起こる確率は1000万人に3名という超少ない数字です。

めったに起きないので、起きたらどこで?と聞きたいくらいです。

打つときの緊張感からくる症状はあるようですがその症状はアナフィラキシーではありません。

また筋肉注射ですのでどうしても筋肉が傷つき、痛みが出る、腕が上がりにくくなるなどの症状が出ますが、これはやむをえません。

2,3日たったら治ります。

皆さんの状態を見てみると1回目より2回目のほうが症状が出やすいようです。

これは1回目のものは抗体を作らせるものであってこの反応はほとんど症状は出ません。

2回目は抗原抗体反応が出るので、症状が強くなりがちですが、2.3日でおさまりますので、心配はいりません。

以上のことなので、コロナワクチンについては心配しなくていいと思います。

タダ。さすがの高熱が2日以上続くなら連絡したほうがよさそうです。めったに起こるものではないそうですが。

 

いかがでしょうか?

新型コロナ感染症が始まって(平成2年3月)からもう1年3か月たちます。

病態についてかなりのことが分かってきました。

今のところワクチンは変異株にも有効のようです。

64歳以下の接種がもうすぐ始まります。

決して恐れることのないよう、ひいては安心して歯科治療ができるようワクチン接種を受けていただければと思います。