神谷歯科医院 kamiya dental office

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

歯科医院での新型コロナ対策

2020.10.17

(2002年10月17日更新)

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

『子供の病気やケガで病院に行きたいけど、コロナが心配』

『コロナで歯医者に子供を連れてきにくい』

子供を連れて病院にいくのは上記のことで気が引けますよね。

今回は、歯科医院での新型コロナ対策(Covid19)についてお話しします。

 

歯科医院での新型コロナリスクは以下のとおりです。

①待合室が三密になる

②診療中の距離が近い

③たくさんの人に触れて診療する

④口の中を触り、水を飛びちる

⑤医院内に感染者がいる可能性

などが挙げられると思います。

しかし、歯科医院では、もともとインフルエンザやその他の感染症のリスクが高いため、もともと感染対策を徹底しているところが多いと思います。

歯科医院における主な感染対策

①バキュームを使用

水が飛び散らないように、歯科医院では設置されています。

歯科医院によっては口腔外バキュームのあるところもあります。(当院にもあります)

②空気清浄機が完備されている

歯科医院では、水や薬品のにおいが散乱します。

ほとんどの医院では空気清浄機を完備されていると思います。

③グローブやマスクなどの徹底

歯科医院では、口の中を触るため、毎日大量のグローブを消費します。

また、最近では感染防止のためにフェイスシールドやエプロンも使用しています。

このように患者に感染症が移らないようにするため、歯科医院では徹底されています。

④待合室の三密回避

歯科医院では、ほとんど予約を取って診療をしているかと思います。

そのため、予定外に混雑することは少ないと思います。

 

いかがでしょうか?

歯科医院は、昔から感染対策を徹底しています。新型コロナ感染リスクはむしろ低いかもしれません。

現に歯科医院でのクラスター発生は、全く耳にしないように思います。

スタッフの感染の話がわずかにありますが、皆外部での感染です。

新型コロナなどの肺炎対策には、口腔ケアが大切だと言われています。

免疫力を高めるためにも、コロナ禍において、定期健診を受けてみてはいかがでしょうか?