安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

歯ブラシの硬さって決めてる?

2020.12.12

『歯ブラシの硬さってあるけど、どう違うの?』

『硬いほうが汚れがよく取れていいの?』

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

皆さんは、歯ブラシの硬さは何で選んでますか?

硬いほうが好きだから、など感覚で選んでいる方も多いのではないでしょうか?

実は歯ブラシの硬さによっては、歯をダメにしてしまう事はご存知ですか?

本日は、歯ブラシの硬さについて、お話しします。

 

歯ブラシの硬さは、大きく3種類あります。

かため

やわらかめ

ふつう

 

①かための歯ブラシ

かためは、歯垢(プラーク)の除去率が優れています。

歯ぐきのマッサージを希望する人に向いています。

しかし、毛先が硬すぎて、歯そのものが削れてしまいます。

またプラークがたまりやすいへこみの場所に毛先が届きません。

場合によっては、神経の治療が必要になったり、歯を抜く可能性があったりします。

現在、硬すぎる歯ブラシは、オススメしません。

向いている人

汚れの残りが気になる人

○歯ぐきのマッサージを行いたい人

歯みがきで、出血しない人

むし歯が出来たことが無いほど、歯が硬い人

 

②やわらかめの歯ブラシ

やわらかめの歯ブラシの1番の特徴は、歯や歯ぐきにやさしいいことです。

硬めのものと違って毛先がしなってへこみや溝の深いところまで毛先が届きます。

毛先が柔らかいため、長時間磨く方でも歯が削れにくい素材となっています。

•向いている人

知覚過敏の方

歯みがきでよく出血する人

歯みがきをすると痛い人

歯ぐきがよく腫れる人

歯ぐきが下がって、根っこが一部出ている人

 

③ふつうの歯ブラシ

こちらの歯ブラシが、薬局などで一番置いてあるのではないでしょうか。

歯と歯ぐきが健康な人や、定期健診を受けて管理している人に向いています。

•向いている人

歯と歯ぐきが健康な人

歯ぐきが下がっていない人

定期健診に通っており管理している人

 

いかがでしょうか?

歯ブラシの硬さ一つで、それぞれ用途が違います。

一生懸命に磨いていても、硬すぎて歯の寿命が短くなっている人もいます。

最近では当院では柔らかめを推奨しています。

しかし人それぞれに合った歯ブラシの硬さがあるので、一度歯科医院でに相談してみてはいかがでしょうか?