安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

被せた歯でもむし歯になるの?

2020.11.03

✳︎2020113日更新)

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

『被せた歯ってむし歯になるの?』

『昔治療したけど、中がむし歯になってないか心配』

などで心配になる方も多いと思います。

 

本日は、被せた歯のむし歯『二次カリエス』についてお話しします。

被せた歯は、むし歯になる事もある

被せ物は、人工物なのでむし歯になる事はありません。

しかし、被せ物の下には天然歯があります。

被せ物の下に汚れがたまり、むし歯になる事があります。

これを『二次カリエス』と言います。

 

被せ物と歯の間には、隙間がある

被せ物は、いくら精密に作っても、天然歯とのあいだには、隙間が出来ます。

年数とともに隙間が大きくなり、『二次カリエス』の原因になります。

接着剤が劣化してくる

被せ物と同じく、接着剤も年々弱くなっていきます。

接着剤の劣化も『二次カリエス』の原因になります。

金属が溶け出す!!

金属は、実は唾液中に少しずつ溶け出していくのです。

金属が溶け出すと、これまた隙間ができ、むし歯の原因になります。

その意味もあって、最近は金属を使わない治療『メタルフリー』が推奨されています。

 

いかがでしょうか。

被せ物自体はむし歯にならなくても、劣化することにより『二次カリエス』の危険が高まります。

より長く持たせるために、メタルフリーを行うのも一つの手かもしれません。

一生に一度の歯を守るためにも、長持ちする治療を選択してみてはいかがでしょうか?