安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

⭐️保険治療と自費治療って何が違うの?

2020.10.19

(2020年10月19日更新)

こんにちは。

安城市の神谷歯科医院、院長の神谷繁彦です。

『保険で白い被せ物に出来ないの?』

『歯科矯正ってなんで保険治療じゃないの?』

なぜ保険治療で出来ないのか、不思議ですよね?

今回は保険治療自費治療の違いをお話しします。

 

保険治療は『病気の治療』に限られています。

むし歯や歯周病治療などがこれに当てはまります。

これは日本国憲法の「健康的で最低の文化的生活の維持」になるからです。

しかし、その範囲を越えた医療行為は保険の対象外となります。

例えば美容目的』での歯科治療は自費になります。

 

主な自費治療を下記にあげていきます

①歯科矯正治療(唇顎口蓋裂の歯科矯正を除く)

②セラミックの被せ物、つめ物

③ホワイトニング

④インプラントなど

歯科矯正は『よりキレイな歯並びにしたい』という目的が美容にあたるため、保険では認められていません。

セラミックホワイトニングは『より美しい歯にしたい』という目的になるため、これまた認められてはいません。

インプラントも『より良い歯を求める医療』とされるため、保険適応外となり、代わりに入れ歯は基本的に保険適応になります。

 

しかし、近年金属アレルギー金属による歯の着色などが心配されて、CADCAM冠(キャドカム冠)といった、セラミックの被せ物も保険適応になってきました。

 

いかがでしょうか?

保険治療でも、治療を受けることができます。

しかし、「高くても、より美しく、長くもつ」治療を求めるのであれば、自費治療も選択の1つかもしれません。

 

むし歯1つでも治療法はたくさんあります。

「歯医者さん任せ」ではなく、歯科医院で話をよく聞き、自分で考えてしっかり選ぶようにしましょう。

当院では患者さんにはできるだけ考える時間を取って選択できるように心がけています。ご相談ください。