安城市の歯科医院なら一歩先を目指す神谷歯科医院

診療時間
9:00 - 12:30 / 15:00 - 20:00
9:00 - 12:00 / 13:00 - 16:00(土曜日のみ)
休診日
木曜日、日祝日

ブログblog

歯ブラシは乾燥して保管する!

2020.11.07

(2020年11月7日更新)

こんにちは。神谷歯科医院院長の神谷繁彦です。

 

皆さん毎日歯みがきしていると思います。

え、していない?それはよくないです!毎日ブラッシングしましょう!

で、今回はそれで使う歯ブラシの保管方法です。

 

基本は歯ブラシの毛先は清潔にし、乾燥させておくことです。

歯磨きが終わったら、歯ブラシはコップなどにためた水ではなく、流水でしっかりと汚れを洗い流してから保管します。

それでも歯ブラシに着いた雑菌は100%取れません、菌は栄養、水分、温度という主に3つの条件で繁殖します。

そして歯ブラシの毛先が湿っていると、口の中の汚れや雑菌がその中で繁殖してしまいます。

 

そのために歯ブラシの毛先はしっかりと乾燥させることが重要なのです。

乾燥させると菌は増殖しません。

しまっておく場所は洗面所の鏡の裏でなく、風通しの良い場所でブラシの毛先を上にして立てておきます。

 

歯ブラシを保管するのにホコリが付くからと言ってカバーをつけておく方がおられますが、毛先が湿ってしまうのでよくありません。

乾燥していれば雑菌の増殖はありません。

 

また、皆さん一緒のコップに一つに保管される方も多いと思います。

たくさんの歯ブラシを保管する時は、毛先が触れないように仕切りをすることも大切です。

できれば家族それぞれ別々のコップに立てて保管するのがいいでしょう。

 

家族みんなのお口の健康のためにも、保管方法にも気をつけましょう。